FC2ブログ

馬鹿太鼓

以下、動物の皮の写真があります。
苦手な方はご遠慮ください。

先日、鹿狩りに同行させて頂きました。

山を歩き、鹿を探し、そして撃つ。
狩猟というやつです。

もちろん趣味でやる人もいれば、里山の獣害対策のためにやる方もいます。

鹿というのは有害鳥獣に指定されているので、許された猟区であれば然るべき免許や許可のある方は猟銃で撃つことが可能です。

今回狩った鹿はその場で解体し、美味しいお肉として皆で分け、食べました。※まだウチの冷凍庫にいくらかあります。


現場で解体していたら、鹿を狩った本人から、

「せっかくの記念に皮と頭も持って帰れば??」

と言われたので立派な牡鹿の頭と皮の一部を自宅まで持って帰ってきました。


頭に関しては埋めておけばそのうち白骨標本になるというのでとりあえず庭に埋めておきました。

今我が家の庭には地面から立派な角が二本生えております。


さて皮は…

はい。当然ですね。


太鼓を趣味としている者として、生の動物の皮が太鼓という楽器の皮になる過程を一度は経験しておかないと。

いざ!なめさん!

ということでとりあえずは鹿の皮に然るべき処理を施し、なめしてみたいと思います。

インターネット等で集めた知識を元にやりますので、正直どこまでできるか分かりませんが、まあ失敗したら失敗したでしょうがないかーくらいの気持ちでやります。あんまりじっくり取り組む時間も無いですし、楽器に出来るかは微妙なところ。

けどまずは楽器の皮として太鼓に張る前の段階までやってみたいと思います。それからのことはまたそれから考えます。

もし楽器にするとしたら馬皮の桶の片面に張って、馬皮と鹿皮で馬鹿太鼓とかできちゃいますね…。


はい。

とりあえずやってみましょう。

というわけでまずは家に持って帰ってはきたものの、帰宅したのは夜。そして次の日はもちろん朝からお仕事です。

さっさと処理を施さないと当然腐ったり臭いがひどくなったりするのですが、なかなか平日は時間がない。夜にやる気もなかなかおきない。

なので持って帰ってからしばらくは、皮をそのまんまビニールに入れ、塩漬けにして放置!これなら腐らないはず。

そのまんま三日間くらい玄関先に放置しておきました。

妻の話だと宅配便のおじさんにあれは何だろう?的な視線で凝視されてたとのこと。

気になるよね。


そして明けて休みの日。

少し時間が取れたので次の工程へ。一応、恐る恐る袋を開けてみると特に臭いがひどくなったりはしていない。これは大丈夫そう。

次の工程は皮の洗浄と余分な肉片の除去です。

色々な記事を読んだところ、この作業がなかなか骨が折れ、時間がかかるとのこと。

洗浄は中性洗剤でザブザブと洗うだけなのでそれほどですが、余分な肉片の除去が大変でまじめにやると数時間かかるらしい。

うーん。私の休日は肉片の除去なんぞに数時間もさけるほど暇なものではないのです。他にやることいっぱいあるし、子供とも遊びたい。

最初からめんどくさいなーと思っていると、何やら高圧洗浄機で一気に吹き飛ばせばオーケーみたいな記事を発見。大雑把でよければこれで完了とのこと。

これは良い。

早速我が家のケルヒャーを引っ張り出し、ガレージで洗浄!!余分な肉片も飛んでいけ!!

という感じで洗浄も肉片落としも一気に片付けました。

こんなもんでしょ↓







ネットで調べたところ、洗浄の際は毛の部分にマダニが付着してる可能性があるので注意せよ!というのが書いてありましたが、今回の私の皮に関しては特にダニなどはついてなさそうでした。けれども一応注意して手袋を装着して作業。

肉片落としに関しては粗方ケルヒャーで吹っ飛ばし、少し手作業で脂肪や肉片を取り除きました。スタートして1時間ほどで写真のような状態に。


さて次は毛抜きです。

毛付きの皮として使うなら毛抜きは必要ないのですが、太鼓の皮として使えるものとなると当然毛を抜きます。けれどもただ引っ張っても抜けるもんではない。

そこでこれもネットで色々調べてみると、どうやら石灰を使うようです。何やら石灰と塩を溶かした水溶液に皮を入れ、そのまま数日放置した後に毛を抜くとするする抜けると…。

早速アマゾン先生から取り寄せて置いた石灰と塩と水をビニール袋を入れ、そこに鹿皮を突っ込みます。そしてそのまま再び放置プレー!!

というわけで本日の作業は終了。
週末まで放置して次の段階へ進めたいと思います。

つづく




















スポンサーサイト

Comment

Name - ICHI  

Title - 素晴らしい!

成功したら是非、聴かせてください!

2018.03.22 Thu 19:39
Edit | Reply |  

Name - tamayura   

Title - Re: 素晴らしい!

多分成功しませんが万が一成功したら!

2018.03.26 Mon 19:48
Edit | Reply |  

Add your comment