くだらない話

ちょっとしたぼやきです笑

またまた恥ずかしいというか、情けない話を聞いた。

某プロチームのメンバーの方が、一般人の友人が学生時代に作曲した曲をプロチームで使わせて欲しいと仰ったらしい。しかも作曲名義も変更させて欲しいと仰ったらしい。

その曲でどれだけの和太鼓エントリーから金を巻き上げるんでしょね。

てか、プライドとかモラルとか関係ないのねやっぱり。意地でも自力で生み出すくらいの気持ち、あんたらが持ってないでどうすんの。

エントリーばっかに目がいってるから、そういう考えになっちゃうんでしょうか。プロとして太鼓の文化云々垂れるなら、必死にハイエンドなもん生み出して、是非僕らアマチュアが足を運びたくなるような舞台やワークショップやってくださいよ。

僕にもプロやってる知人はいるけれど、知人だからといって、興味のない舞台をわざわざ金払って見に行ったりはしません。

本当に心からお金払ってでも見に行きたいって思わせてくれるまで行きません。

それこそがプロとして生きる知人に対する最大の礼儀。

僕はメーカーに勤めてるけど、友人にはウチの商品を愛して欲しいし、驚いて欲しいし、魅力をもっと伝えたいって心から思うもんね。





スポンサーサイト

Comment

Add your comment